手足のしびれに要注意

足のしびれを見逃さない

覚えのない手足のしびれには脳の病気など重たい病気が潜んでいる可能性があります。早期治療が必要な場合が考えられますので、いつもと様子が違うしびれには注意が必要です。

メインイメージ

手足のしびれに要注意

長時間同じ姿勢でいたり、手足に負担がかかった姿勢をしているとしびれるという事は日常茶飯事な事ですが、この原因は筋肉が疲労しいる状態と考えられるので、時間とともにこのしびれの症状はよくなってきます。

しかし、特に体を動かすわけでもなく、無理な姿勢をとっていたわけでもないのに手足がしびれる時は筋肉疲労の他に、病気が潜んでいることを疑った方がよいでしょう。

脳に何らかの病気、疾患が疑われると考えられる場合、手足にしびれの症状が出ることがあり、脳梗塞、脳出血、脳腫瘍が原因である可能性があります。

他には脊髄の付随する病気の可能性もあり、椎間板ヘルニアや脊髄の腫瘍がある場合もしびれの症状が発生することがあるようです。

特に、急激にしびれが襲ってくる場合は注意が必要で、しびれの原因が思い当たらない場合は脳の病気が疑われますので、そのままにしてしまうと命の危険にまで考えられますので、しびれの時点で診察をし、この段階では初期症状ですので、精密検査を行えば、早期治療を受けることが可能です。

手足のしびれが悪化すると身動き取れなくなることもあるので、動けるうちに一刻も早く病院へ向かいましょう。

そのままにしてしまうと、どんどん病気は進行し、脳梗塞などで意識を失ってしまう事もあるのです。

しびれの要素が思い当たらないときは大きな病気を患っていることが考えられますので、早急に診察をした方がよいでしょう。

サインを見逃さず、おかしいと思ったらすぐ病院で診てもらうことをおすすめします。

◎PRサイト http://7daybellyblastdietx.info/